熱発電は再生可能な安定したエネルギー源

Climeon Heat Powerシステムは、70-120℃の温水と、冷水の温度差を利用してクリーンな発電を行います。70-120℃の低温帯熱は産業排熱や地熱に多く所在します。

世界の半分のエネルギーは低温耐熱として未利用のまま排出されています。製鉄セメント海運などの産業は、通常業務過程で多くの熱を生み出し、その熱はただ排出されています。

地熱は地球上に多く存在する、究極の再生可能エネルギーです。毎日24時間、年中無休で再生可能電力を生産することのできるベースロード電源です。

Climeon Heat Powerの発電技術

Climeon Heat Powerシステムは、温水と冷水の温度差を利用し、クリーンな発電を行います。熱源が温水ではなく、ガスや蒸気の場合は、熱交換によって温水を作り、発電システムに供給します。Climeon Heat Powerシステムは、伝統的に熱発電に必要とされていた最低温度よりも低い温度帯(70-120℃)の温水を利用しての発電を可能とします。

heat and cold single power ver 2

技術詳細

地熱、産業排熱、発電所等からの熱源は、温水の形式でClimeon Heat Powerユニットに供給されます。Climeonユニット内部で、熱交換器が温水の熱を内部の触媒(液体)に伝導し、低い沸点を持つその触媒が気化します。 気化した触媒はタービン上に拡散し、発電機を稼働させ発電します。

タービンの出口まで拡散した媒体(気体)は、凝縮器内で冷却水からの熱交換によって冷却された触媒(液体)と直接接触することにより凝縮され、再度液体化します。凝縮器の出口で、触媒(液体)の一部が、再び高温側熱交換器に方向付けられます。残りの触媒(液体)は低温熱交換器側を循環し、ここで未利用の熱が冷却水に放出されます。

上記発電過程を経て、冷却された温水(熱源)は、地熱貯留層に再注入されるか、または産業プロセスに送り返されます。

. ダウンロード:Climeonの製品・技術概要パンフレット

HRM system

効率的、経済的、高利益

Climeon Heat Powerユニットは、地熱または産業排熱からの低温の熱源を最大限に活用するように設計されています。

Climeon Heat Powerシステムは他の低温帯熱発電システムの倍の発電効率を達成しました。低圧のユニット内部構造、特注タービン、モジュール設計、そして遠隔操作・モニタリングシステムが、低コスト・高発電効率の達成を可能としました。

ユニット内部が低圧であるため、部品の軽量化を可能とし、システム全体がコンパクトで低コストな作りとなっています。また、ユニット内部が低圧であるということは、システム運営に必要なポンプの動力消費を抑え、最終的な純発電量が多くなる高効率発電を達成しています。

ユニット内部が低圧であることのもう一つの利点は、タービンへの相対圧力が高くなることです。Climeonユニット内の圧力とタービンへの圧力の比は1:6です。

ユニット内のタービンは、Climeonのユニット内の触媒性質と発電プロセスに合わせ、ドイツのDeprag社に特注したものです。この特注タービンは高発電効率、モジュールのインテグレーション、システムの安定性・信頼性を可能とするためのコア技術の一つです。

システムの遠隔操作と遠隔モニタリングは、問題が起きた場合の状況把握を迅速にし、適切で迅速なサポート提供を可能とします。

より詳しく知りたい方へ

Climeon製品・技術概要パンフレット
Climeon Heat Power Booklet

柔軟で拡張可能な設計

Climeon Heat Powerユニットはコンパクトなモジュール式の設計となっています。熱源付近のスペースに合わせ、例えば小さな機械室等への150kW出力ユニット1機の設置から、広大な敷地への50MW出力規模の設置まで拡張が可能です。システムの拡張可能なモジュール式設計により、熱源規模とスペースに合わせて出力規模を調整することができます。

Climeon HP 600 kW

既存設備とのインテグレーション

Climeonユニットを既存の設備に統合するのは簡単です。 Climeon Heat Powerユニットに、給湯管・給水管と電気系統を接続するのみです。以下の動画に詳細な概要が示されています。

動画の内容は以下のとおりです
1. 生産, 0:05
2. Climeon Heat Power
システム 0:36
3. Climeon
の仕様バージョン、 1:48
4.
試験と配送、2:31
5.
設置場所の選択、 3:09
6.
接続と清掃、 3:54
7.
主制御装置と電気キャビネット、6:02
8.
インテグレーション・プロジェクトに関する概略、 7:09
9. Climeon Live, 7:42

スマートオートメーション

Climeon Liveはクラウドベースの有料契約ソフトウェアです。Climeon LiveはClimeon Heat Powerシステムの制御システムであるとともに、様々なクラウドベースのアドオンアプリケーションが含まれています。Climeon Heat Powerシステムは、ソフトウェアに精密計測や大量のデータを提供する複数のセンサーを備えています。

Climeon Liveの主な特徴と利点

  • システムの継続的なモニタリングと最先端分析機能により、システム運転を微細に調整し、発電生産性の最適化を可能とします。
  • Climeon Liveソフトウェアは、リアルタイムのシステム情報と発電実績レポートを提供します。発電状況の傾向分析も行います。ユーザーは、コンピューターやモバイル機器からデータにアクセスできます。世界中に設置されたClimeon Heat Powerモジュールから集められたデータが分析され、自動的なソフトウェアアップデートに使用されます
  • されます。これにより、Climeonは、各モジュールの固有の運転条件からのデータに基づいて、世界中に設置されたすべてのモジュールの性能を最適化することができます。
  • Climeon Heat Powerシステムの積極的な監視により、潜在的な故障を発生前に特定できます。 これにより、Climeon Heat Powerシステムは、毎年わずか2日間の計画的保守点検だけで、24時間年中無休で運転することができます。
  • お客様は、Climeon Liveアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を使用して、Climeonのソリューションを既存の制御・監視システムに統合することができます。

 

Skärmavbild 2017-05-17 kl. 10.33.47