発電機セットの連絡先:: Johan Larsson
電子メール: johan.larsson@climeon.com

無限のエネルギー源

地熱は地球上のあらゆる場所で見られ、
無限の再生可能電力源と考えるべきです。
地熱は、電力のベースロードを
24時間年中無休で生み出すことができる
唯一の再生可能エネルギー源です。

地熱には、世界のすべての化石燃料に基づく発電の
代替となる可能性があります。

Climeon_Framegrab06
Ghost-view-300M-no-background-high-res kopia 2

クリーンでコスト効率の高い電力

天然の再生可能な地熱を使用することにより、Climeonは、地球自体から継続的に発電することができます。 地熱開発の最大の課題は、探査に関連するコストとリスクです。高温資源の掘削は多くの場合非常に高額であり、適した井戸を見つけるには時間がかかる場合があります。

Climeon熱発電システムは、低温地熱の利用に最適化されています。低温の熱をクリーンな電力へ転換することにより、探査時間を短縮し、掘削コストを50%超削減することができます。

環境

低温地熱を利用した発電により放出される炭素排出量は0です。

短い回収期間

世界で最も効率的な低温システムにより、優れた回収期間が可能になります。

容易な統合

プラグ・アンド・プレイ設計により、大きな混乱なく発電所の既存のシステムとの迅速かつ容易な統合が可能となります。

Climeon - WWF Climate Solver

毎年、世界自然保護基金、 WWFは、気候革新を促進し、認定するために、Climate Solverを発表しています。Climeonは、世界中でCO2 排出量を劇的に削減し、エネルギー効率を高めることができるその熱発電技術により、Climate Solverとして選ばれました。 Climeonの技術により、年間2160万トンを超えるCO2>排出量を節減できます。

熱発電プロセス

100℃未満の温源からの熱を利用することにより、Climeon熱発電システムは、新たな井戸を掘削する必要性を削減します。Climeonシステムを用いれば、古い井戸を再利用し、低温の熱を利用することにより、収益を増やし、プロジェクトの開発期間を短縮することができます。

極めて簡単です

Climeonシステムは、大規模、小規模双方の地熱発電所で利用して生産を拡大することや、新たな地熱発電所に統合することや、より大規模な用途で実装して50MWの冗長ベースロード電力でデータセンターに給電することができます。風力や太陽光などの他の再生可能資源とは異なり、Climeon熱発電システムは気象条件による影響を受けません。これは当社の製品は、わずか2日間の計画的保守だけで、年間を通して昼夜を問わず稼働できることを意味しています。

I以下のイラストに、地面からの温水を利用して発電し、その後温水がより低い温度で地面に戻る、Climeonのバイナリー発電所の例が示されています。 

柔軟で拡張可能な設計

システムの低い圧力レベルにより、コンパクトでモジュール式の設計が可能となり、150kWのモジュールから、大規模施設向けの複数の50MWのシステムまで、容易に拡張できるようになっています。 モジュール式の設計により、部分的な負荷であっても最適な効率を確保できます。モジュールは熱源に変動がある場合、常に熱電力を一致させるために、自動的に電源をオン/オフします。 モジュールは屋内および屋外双方に設置できます。これはモジュールごとにわずか3つの可動部品、すなわち、1つのタービンと2台のポンプから構成されています。

Climeon Live

Climeonの制御システムであるClimeon Liveは、システムを完全に自動化しています。 これはエネルギー生成を最大化できるように、リアルタイムで性能を最適化します。各Climeonモジュールは、計測用の複数のセンサーを備えています。性能履歴を報告するために、データが収集され、クラウドに保存されます。Climeon Liveは潜在的な故障を発生前に特定し、計画外のダウンタイムリスクを最小限に抑えます。 Climeon LiveのAPIは、排出節減やクリーンな発電量とともに有益なPRメッセージを提供する、外部制御システムに統合することもできます。

Download our Technical Product Sheet for detailed specifications.

動画の内容は以下のとおりです。
1. 生産、 0:05
2. Climeon熱発電システム、 0:36
3. Climeonのバージョン、 1:48
4. 試験と配送、2:31
5. 設置場所の選択、3:09
6. 接続と清掃、3:54
7. 主制御装置と電気キャビネット、6:02
8. 統合プロジェクトに関する概略、7:09
9. Climeon Live, 7:42